忍者ブログ
大阪ポーカーは大阪のなんば心斎橋や大阪の梅田(北新地~兎我野町~淀屋橋~北浜)難波(なんば)、八尾辺りでテキサス・ホールデム・ポーカーを含めて、大阪駅や梅田駅、心斎橋駅、難波駅でポーカー(テキサスホールデム)を楽しみたい方は連絡下さい。WSOP Texas Holdem Poker Mania

下記は某ネット有名人の見解

******** 中略
当初、懐疑的であるという見方を示しました私ですが、
現在、99%スーが成功するという見方に評価・判断
を変更しました。
むしろ、順当に行けば、一般的成功を超えて、
インターネット広告とコンシューマー生成型メディアの業界
における革命となりえると分析しました。
これはITベンチャー全体での革命となりうるものです。
また一般個人のユーザーが稼げる収益においては、
年間で1億円規模になるスーパーユーザーも出てくると
考えております。
年間1000万円前後のユーザーは、多数、登場する
と思われます。

******** 中略
■ご登録は下記アドレスからお願いします
https://www.tsu.co/kenkoude100


スーは、ユーザーに対し、保存、発信、及び、つながりの場を無料で与えること(既存のSNSなど)に加えて、
ユーザーを、媒体としても認めた、初めての本格的なSNSなのです。
媒体として評価されるというのは、つまり、我々は、媒体として、そこに貼り付けられる広告から
収益をもらうことができる、いや、もらうのが当然と考える帰結になります。
例えば、ヤフーが広告収入をメインとして成立していることは、誰もがわかることですが、
そのヤフーは、検索やニュースなどのコンテンツを用意して、アクセスを集めると同時に、
自らのサイトに貼られた広告収入を得るわけです。これは当然のことですね。
つまり、広告収入の90%をユーザーに支払おうとするスーは、
ユーザーページは「あなたのもの」です、と考えている、と分析することができます。
それに対して、広告収入を受け取ることのできない大半のこれまでのソーシャルメディアは、
ユーザーページは、広告収入との関係だけで見れば「メディア運営会社である我々のものです」
と考えている、とみなすことができるのです。

******** 中略
■ご登録は下記アドレスからお願いします
https://www.tsu.co/kenkoude100


スーの創業者は「初めての社会的責任を持ったSNS」と自らを呼んでいます。
つまり、お金が対価としてあるということは、コンテンツのクオリティを上げる方向に、
ユーザーを向けることができるわけです。
なぜなら、1円でも発生する以上、それはビジネスだからです。
ですから、健全なる競争の中で、スー内のコンテンツは、時間の経過とともにクオリティが上がるはずです。
また、対価性があることは、個人のモチベーションアップにもつながると言えます。
ここでよく考えてみますと、MIXIが国内No1のサービスになりつつも、結果、FACEBOOKにその座を
譲った事実を見ても、ソーシャルというのは、ユーザーがそこにいるべき理由がない限り、思った以上に
容易にスイッチされてしまう可能性があるということです。
これまでのソーシャルにおいて、ユーザーがそこに居続ける理由の大部分はそこに、ユーザーを見てくれる人達がいたからです。
しかし、個人は、対価をもらっていません。
ですから、責任がないため、ただ単に飽きて辞めてしまうことも多いわけです。
また、見てくれる人が減ってきたり、もっと多くの人がいる場所が見つかれば、
MIXIの事例のように、簡単にFACEBOOKに移動されてしまうのです。
これは、特にディスコやクラブなどダンス営業をする飲食店において、人が入ってくれば人は集まり続け、
一度、人が引き始めると蜘蛛の子を散らすように誰もいなくなるという、飲食店経営の法則に似ているものがあります。
人がいるところに、人は集まるようになっている、というのが人間の基本的な性質だからです。
つまり、スーにおいても、今のように人がアクティブである現状が1日でも長く続けば、日に日に他のソーシャルから
スイッチングを起こす人々が増えていく可能性が高いのです。
これはFrom Facebookだけに限った話ではありません。
ツイッターやアメブロなどいかなるソーシャルからの移動あるいは主戦場の変更もありえます。
なぜなら、スーは、人がいるかどうかを超えた社会的責任(金銭がもらえるということ)も帯びているからです。
これは圧倒的な縛り(スイッチングコスト)になります。
人が、満足の行く給与あるいは評価をもらえているときに、容易に転職しないのと同じです。
他のソーシャルメディアが、ユーザーへの報奨に遅れを取れば取るほど、スーは有利となります。

SNS史上最速で100万人を突破したという記事も見つけました。
各ソーシャルメディアが100万ユーザーを獲得するまでにかかった期間だそうです。
tsu(スー) 1ヶ月
Instagram 2.5ヶ月
FACEBOOK 10ヶ月
Pinterest 20ヶ月
Twitter 24ヶ月
Tumbler 24ヶ月
もちろんスタート時期のネット環境の普及状況に違いがあることを考えると、
単純に比較はできませんが、
これだけ巨頭メディアが君臨する後発の中で、
1ヶ月で100万ユーザーを獲得したとすれば、
これは確かに快挙と言わざるを得ないと思うのです。
上記サイトがアメリカ初であることからもわかるように、
ソーシャルは、やはりアメリカ発が強いです。
その理由は、英語であることの人口カバー率です。
英語は、約80の国で使われており、
世界で最も多くの国で使用されている言語です。
人口を多くカバーするということは、黒字化が早く、
スケール(拡大)もしやすいわけです。
黒字化がしやすく、拡大がしやすいとなると、資金調達できる額も
大きくなり、ユーザーにとっての便利な機能追加や改善が行われる
速度も早くなります。
日本固有の文化で成功したMIXIや数多あったマイクロブログが
結局、アメリカ初のFACEBOOKやツイッターに飲まれ、MIXIやGREEはモバイル×ゲームという
日本の独自の参入障壁のある分野に移動した点からも明らかであると言えます。
日本式マイクロブログは、ツイッターに完全に負けてしまった状況です。
英語をベーシックとするサービスが、まず、アメリカである程度の規模を築いてから、
その他の言語対応をするというのが、最も王道の成功スタイルになっています。
ですが、ここで一つ特筆すべきは、スーの場合、アメリカでのスタートとほぼ同時に日本での
立ち上げも順調であるという点です。
これまでのサービスの中で英語のまま日本ユーザーが参入し始めた事例はほとんどありません。
皆様も、スーで初めて英語のサイトを利用したという方が多いのではないでしょうか?
これも、異例のことです。

******** 中略
■ご登録は下記アドレスからお願いします
https://www.tsu.co/kenkoude100


ネットワークビジネスとは似て非なるもの
ネットワークビジネスの本質は、固定コストをかけずに、顧客を自社の実質的な営業マンに変え、
消費(つまりメーカーにとっての販売)を安定化させるために考案されたメーカー側都合による販売戦略の一つと
考えるべきなのは確かかと私は思っています。
一方スーは、我々ユーザーがスーの営業マンになっているように見えますが、実質的には逆です。
90%の収益が支払われる点で、スーの方こそが、我々ユーザーの広告枠を売る営業マンになってくれている
と捉えることができると思うのです。
また、前記したようにスーを行うために、登録料、維持費、何らかの財・サービスの自身による購入
は一切不要である点は、その本質においてこれまでのネットワークビジネスとは異なると言えます。
 
******** 中略 
■ご登録は下記アドレスからお願いします
https://www.tsu.co/kenkoude100

今、この時期に始めることができれば、上記理論値を実現することは、可能であると私は考えています。
その理由は、全体で100万登録ユーザーとされているうち、日本国内の利用者は未だその一部であるからです。
仮に既に日本でも10万人が登録していたとします。
しかし、MIXIやグリー、モバゲーのこれまでの利用ユーザー数の推移等を決算説明会資料で確認しますと、
上限レンジは2000万人まで存在しうることがわかります。
もちろん、サイトの趣旨・目的が異なりますし、上記データが本当にアクティブユーザーなのかは疑問が残りますから、
2000万人まで行くとは限りませんが、逆に言えば、サイトの趣旨・目的が異なることで2000万人を超える
ことさえもありうるといえます。
仮に10万人が既に日本国内で登録していたとしても、
まだまだマーケットは多いにあることがわかります。
ネット上のを記事を拝見していくと、スーは4ティア(3階層下)までしかサポートしていないから、
いつ始めても同じだという主旨の記載を一部、見受けますが、これは誤りです。
確かに、4ティアまでしか報酬対象とはされていないようですが、
スーは、初動が全てなのです。
なぜなら、チルドレンにできるのは、最初の登録時だけだからです。
つまり、先の登録者数から類推して考えれば、
今スーって知ってる?と聞いて、
知らない、あるいは、まだやってない
と答えが返ってくる確率の方が圧倒的に高いのに対し、
1年後には。スーって知ってる?と聞いて、
もちろん知ってるよ、もう登録しているよ
と答えられる確率は、逆転して格段に上がっているはずだからです。

******** 中略
■ご登録は下記アドレスからお願いします
https://www.tsu.co/kenkoude100


また、既に、スーに参加している人たちは、主に、記事投稿、シェア、いいね、そして、
友達申請、フォロー活動に勤しんでいるようですが、私はこれは誤りであると考えています。
なぜなら、優位にチルドレン獲得が進められるのはスーの認知が広がる前の今だからこそ、第1フェーズで集中してやるべきことはチルドレンを増やすことであるからです。
投稿、シェア、いいね、友達作りは、いつでもできることです。
また、結局は、一人でいくら頑張っても、PVは個人ブログの現況と同じでいつか限界に達するはずです。
それよりも今は、チルドレンを獲得する活動に全力投球をしつつ、記事投稿は1日1回で良い
というのが私の考えです。
将来、ネットワーク構築が進んでからコンテンツや他ユーザーとの繋がりにより力を入れるべきです。
今しかできないことこそを、まずやるべきなのです。
この順位を謝ると、後の結果に大きな差を作ります。

■ご登録は下記アドレスからお願いします
https://www.tsu.co/kenkoude100
PR

コメントの投稿
Name
Color
Mail
URL
Comment
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

       
プロフィール

ポーカー横町

優良ポーカー店をご紹介!
「ポーカー横町」
ポーカー教本(ポーカー必勝法)
最新CM
[05/26 xgtcmq]
[05/20 zrki89]
[04/11 ppocgc]
[04/03 mwnvnm]
[03/06 Juejk50]
最新TB
(10/02)
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
Copyright ©2009 大阪でポーカーを大阪のなんばや心斎橋・梅田でポーカー・マニアのブログ(難波や八尾で大阪ポーカー)WSOP All Rights Reserved.
Template by じっぷ.
忍者ブログ [PR]